Top   |   チョチョンとは?   |   行事案内   |   掲示板   |   Rの部屋   |   LINK

チョチョン京都代表団ドタバタ訪問記

 

 

朝鮮訪問記C 苦難を越えて…

信川で受けた衝撃…
心が重く憂鬱な気持ち…
その気持ちを晴らしてくれたのは、農村の片田舎の子どもたちだった。



近づく私たちに手を振り愛くるしい笑顔で迎えてくれた。
決して豊かな生活ではないし、着ている服もおしゃれとはいえない。
でも彼らの笑顔からは、日々の生活の中で素朴な幸せを一つ一つ見つけながら
一日一日をいまここで生きているのだ。。。
貧しいからかわいそう。それがどんなに傲慢で失礼か痛感した。



黄海道の農村文化住宅が建設ラッシュだった。
道の各市の青年同盟が旗をなびかせながら競って建設をしている。



今年朝鮮では農業に力を集中させている。農業の構造自体を変えてしまうそうだ。
その中でも”農民を過酷な労働から解放する!”をスローガンに掲げ、その一環として農民の生活水準向上の為の文化住宅建設が行われている。
また田植えをせずとも種をまくだけで稲を収穫できる品種も開発したそうだ。
FTA問題で窮地に立たされている南の農民たちを思うと複雑な気持ちになった…



建設された文化住宅郡。全ての家に家畜を育てるための小屋が設置され、豚や兎、山羊がいた。
写真は人間です。逃げ出した豚ではありません。
夕飯も食べずにアリラン公演観覧。すごすぎて言葉になりません。



ね。。言葉要らないでしょ?



"うぉ〜〜〜""すっげぇ〜〜"の連発



子どもたちの演技に度肝を抜かれ



華々しいクライマックス。拍手喝采。スタンディングオベーション…
今回公演日程が急遽5日に短縮された。
報道ではやれ核実験の為だの、やれ経済的困窮の為だの騒ぐが、想像以上に夜風が厳しく風邪を引く児童が若干出たからだそうだ。
その瞬間公演は短縮された。報道などはだいたいそんなものだ。



出演した子どもたちと写真をとりました。テンションマックスです!ファノン君はバスで待機。スハン!!手…手が!!
この日も宴会が夜遅くまで行われました…


朝鮮訪問記【B目次D

チョチョン?  |  行事案内  |  Rの部屋  |  掲示板  |  L I N K

 

Tel  075(313)6231   Fax  075(311)1818

E-mail info@chochong.com
 

Copyright 2002 Chochong Kyoto.All Rights Reserved.